紀子さま

紀子さま、過去の栄光に縋る 「絶世の美女」と言われた時代に“思いを馳せる”



この容姿なら男が放っておかない。

美しいタイプではないけどこういう女性を好む層は確かにいるわね

[adsense]

ホントだねww
笑えるくらいにステキだわww

麻原と上佑で検索すると上の方に出てくる画像

[adsense]

それは奇跡の一枚

奇跡の一枚持って来たのね。
当時知っている者からしたら
可愛いけど、目の細い芋っぽい子だったわ。

[adsense]

ある一定層の男は一見、従順そうな簡単な女が好きだからね。そういう男は雅子さまの様な出来る女性は、気が強いと嫌がる。自分が敵わない女性だと気が強いになるんだよ。ジジイ層に多い。

陛下のように出来る妻を尊敬して自分も見合うように努力する方か真の漢だと思ってる。

高校時代からかわいいよ。
目が細くても清楚でかわいい。

[adsense]

これは可愛いね
今や本来の卑しさが前面に出てきて妖怪顔に

スリーサイズ書いた紙を秋篠宮に渡したんだよね。

大学時代から二人の関係は学内で有名だったよ。

泊まりがけのサークルいきまくって関係ができたって、
同行した教授がいってるもんね。


いつのまにか二人だけいなくなってたって。なんていう先生だっけ?

この先生の奥様かな?○に付き添われたのは。

キコさん、昔は可愛かったのよ、ってうちの母が言ってた。

バブリーな時代だったから、今時こんなお嬢さんがいたとは!って地味で清楚なキコさん大絶賛だったって。

婚約会見の時に着てたのとよく似たデザインのワンピースを、当時の女子大生はこぞって着てたらしいよ。

[adsense]

嘘をつくな!
こんなダッサいワンピースを着てた女子大生なんていなかったわ

大絶賛はないし、一見清楚風が好きな層だけでしょ。女性の大半は雅子様の婚約が発表されてからずっと雅子様の装いに憧れたもの。

[adsense]

男受けは良かったよ。ぶりっ子だったからね。
でも紀子さま素敵なんていう若い女性は皆無

女性が憧れたのは雅子さま。
あのコート欲しかったなあ
スカーフの結び方いつも凝っていて素敵だった。

当時の女子大生です。

誰もあんな当時でさえも古臭い、庶民が考えたような皇室コスプレを真似した若い女性は全く見かけませんでした。雑誌とかでパァーッと紀子さん特集をしただけ。雅子様と違ってファッションリーダーの扱いではなかったです。(全部は無理だけど雅子さまご愛用の品を使ってみたいと思う女性たちに応えるような特集です。愛犬のヨークシャーテリアだって人気が出ました。)

紀子さん実家の団地を見たらお金がないのは明らかだし、親戚が勤めているおばさんブランドのレリアンを社販で安く買って着るのが精一杯だったのかな?紀子さんのお母さんの当時の勝負服もレリアンぽいし。

しばらくの間、『母娘でレリアン♪』みたいな宣伝をしていたのは、イメージチェンジ作戦?女の子たち、ママのレリアンを着ようよ、おばさんだけのブランドじゃないよ、みたいな。

同じく当時女子大生の妹とテレビで婚約内定会見を観ていた時に、「この女は上品ぶって清らかな感じを装っているけれど、とっくに礼宮とやってるよね。」と笑いあった記憶があります。見つめ合う2人の視線がネットリとしていて気持ち悪かったです。

の後はオッパぶるるんジョギングとか、アンダースコート丸見えテニスとか、清楚から程遠い写真や動画がぞろぞろ出てきて、真相を知るマスコミから世間へのメッセージだったかもしれないと思います。実は身体を張って勝負に出た恥知らずな下賤な育ちの女っていう。

礼宮にも違う選択肢がなかったのかと残念に思います。

下品な話で失礼しました。

私も当時の女子大生です。
母も祖母も紀子様に決まった時、こんな家から皇室行けるの?ってびっくりしていたのを覚えています。レリアンも。
みんなあまり紀子さんをよく思っていなかった‥。でも友達と話してたんだけど紀子さんって男の人にはウケるタイプだったと思う。女の子達が嫉妬するような可愛さがあった。今の佳子様にもあるんじゃないかな。

[adsense]

学習院の学生もまさか?だったそうです
あーやの◯フレンドの扱いだったから
紀子さんは礼宮の女、礼女、アヤメと呼ばれていましたから
団地の娘と結婚するとは誰も思ってなかったようです

キコさんのこと真似する女の子はいなかったと思う。少なくとも、東京の同世代は。もっとみんなオシャレしていたからね。

お母様は「成婚関連で何か取材しよう」というノリで、ほんの一部の女性を取りあげたテレビ番組などを観て、本気にされたのではないかな。

キコさんのこと好きだったのは、スポーツ新聞や、ヌードグラビアが載った雑誌を読むオジサン。

雅子さまは女性目線だと憧れだし、男性目線で直裁に言えば「すごい、いい女」高嶺の花。

当時は皆がブランド物を持っていたけど、雅子さまのご結婚前の愛用品はヨビスやコンテスなど、それまで一般的には知られていないブランドが多かった。お値段も高くて簡単には真似できなかったね。

晩餐会や儀式で身につける宝石を除けば、ご結婚後の方が質素だと思う。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。