天皇陛下

2019年の変わり雛「令和 即位雛」令和元年を象徴する出来事



人形メーカー「東玉」(さいたま市岩槻区)は、令和初年となる今年の世相を反映した変わりびな5点を発表した。

即位礼正殿の儀に臨まれる天皇皇后両陛下、ラグビーW杯でベスト8入りを果たした日本代表チームなどを題材とした。

両陛下の人形は「新元号 令和 即位」と命名。「ラグビーW杯 ニッポンワンチーム雛」は、日本代表主将を務めたリーチ・マイケル選手らが試合に向かう様子を表現した。

※さいたま市岩槻区の人形の東玉ではその年に起きた印象に残るできごとをモチーフにした雛人形=「変わり雛」を毎年、製作しています。ことしの1位に選ばれたのは「新元号令和即位雛」。

ことし5月に新たな時代を迎えた日本、10月に行われた即位礼正殿の儀の天皇皇后両陛下のお姿を雛人形で再現しました。


高御座を模した台の上には、黄櫨染御袍に身を包んだ天皇陛下と、十二単姿の皇后陛下が穏やかな表情で並んでいます。

令和の時代の始まり、即位のパレードなど今年は天皇陛下や皇后さまに注目する1年だったと思います。

次の時代の継承問題なども色々と抱えていますが、令和が良い時代になればとりあえず自分はいいという考えです。

あと、30年くらいは平均寿命的には生きると思うで、次の時代はどうなんだろうか。

とりあえず、平成は結構自分的にはいい時代だった気がします。

毎年恒例の「変わり雛」ですが、今年はやはり令和の時代になったこと、即位のことに関して語らなけばならない年ですよね。

災害なども多い年でしたが、天皇皇后両陛下の姿を見ていたらきっといい時代になるのではないかと確信を持っています。

[adsense]

正直、平成の天皇さまの時のパレードで色々とあったり、その後も国体などでも事件が発生したりと、

あんまり皇族に対していいイメージを持っていませんでした。


特に、小室圭さんと眞子さまとの問題が浮上してからは、税金の無駄遣いではないかと思う部分も多々あります。

しかし、色々と皇族について調べるうちに皇族の必要性もわかってきたので、

まあ、即位の時のパレードくらいしてもいいとは思うようになりました。

ですが、無駄な公務などもたくさんある状況は事実なので、国民の税金を意味があることに使って欲しいというのが願いです。

間違っても、小室圭さんと眞子さまの結婚一時金で1億円支払うということだけは、絶対に阻止していただきたいです。

1年の振り返りが行われるように最近なって、令和元年も終わるのだなということを実感しています。

これからの令和はどういう時代になるのでしょうね?

AIとか普及してすごい時代になっているのかな?

とりあえず、皇室関連でリリースしとけば大丈夫って考えがちょっと安易な気がします。

雛人間とか興味ない人多くないっすか。

若者世代には特に雛人形は受け入れらない気がしますね。

でも、2019年を天皇の即位なくして語ることはできませんからね。

[adsense]

令和元年は皇族にとっていい年だったのでしょう!!

しかし、2月に眞子さまと小室圭さんのなんらかの発表があると言われています。

この発表次第では、皇室に対する信頼が暴落することも起こりうることから、呑気にしていられるのは今のうちだけかもしれません。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。