秋篠宮さま

地球環境を心配するより、ご自身の家族を心配すべき秋篠宮さまの環境問題発言…



秋篠宮ご夫妻が環境問題に取り組む研究者の表彰式に出席されました。

その表彰式の発言がまた話題になっています。

「人類の英知を結集し、持続可能な地球環境と人々のより良い生活が実現されることを願っております」

環境問題の解決に向けて優れた研究をした人などに贈られる「ブループラネット賞」の表彰式に出席されましたが、ご夫妻は1993年からこの式典に毎年出席しています。

さて、この「人類の英知を結集し」などのお言葉が、何言っているんですかと、またもや国民に揚げ足を取られているのです。

日本の心理的環境を悪くしてるのは、秋篠宮家ではないですかと思います。

「人類の英知を結集し持続可能な地球環境と人々のより良い生活が実現させることを願っています」

願ってくださり、ありがとうございます。

職員に対して、あの乱暴な傘の渡し方のような傲慢な振る舞いをなさりませんように、、、

直面している小室某問題を、ちゃんとしてくださるように、、、とりあえず、その二点を願っています。

人々のより良い生活…

って言うなら、貴方や貴方の家族、そして何より母親がこれ以上贅沢三昧わがまま放題をしないことから始めてください。

苛めも駄目ですからね。直線的でも間接的でも片棒を担げば苛めは苛めですよ。


しかも、長きにわたりなんてとんでもないことでしたよ。

多くの国民の目が光ってますからね。

[adsense]

環境問題に関するご公務なら長年水問題を研究されている天皇陛下がご出席された方がよろしいのに…。

秋篠宮さまが事前に環境問題についてじっくり調べたようには思えないし、

調べたとしても付け焼き刃でしょう?

宮内庁も皇族方へのご公務の割振り方をもうちょっと考えた方がいいんじゃないの?

秋篠宮殿下を拝察するに、やりたくない事は絶対に拒否し、やりたい事は誰が何と言おうとごり押ししたがる方ではないか。

それが見事に娘たちに受け継がれていると思うのだが、そもそも上皇后陛下はなぜこんな甘やかされた大金持ちのボンボン風に育ててしまったのか?

天皇陛下や紀宮様とキャラが違うのだから異なる躾が必要だったのではないかなと思う。

あっちもこっちもお金大好き次男一家は「環境問題に取り組んでます」アピールが大好きみたいですね。どちらも口だけですが。

皇族のお言葉は研究者には全く響かないと思います。

死に物狂いで研究している人と、国民の税金で生きている人が共感し合うなんて不可能だと思います。

だって、生きてきた世界が違いすぎるから。

[adsense]

多くの人が思っていることですが、娘の単純な問題を解決できないような人が、

地球規模の問題を解決するための発言をすべきでないことくらい、一般の人でもわかると思うけど。

今の、秋篠宮家の権威性を考えたら、耳を傾けない人も多いということを理解して欲しいものです。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。