美智子さま

美智子さま、過去の批判に「遺恨」 雅子さま「変なドレス」押し付けられ伊勢神宮に叱らせる



さすがの佐藤あさ子もお誕生日にはけなせないし、ミテコをからめないのね
気持ち悪いから記事を書かないで欲しいけど

いつもながら服装を描写するだけで原稿料貰えるとか、楽な商売だなって思う

さりげなく
「雅子さまの参拝服を拝見して、ご結婚の報告のため伊勢神宮を参拝された時のものを思い出した。」
ってまるで、今回の雅子様デザインの参拝服とミテコイジメの初めての参拝服が同じように書かれてるよ。

全然ちがうじゃん!

今回の参拝服

[adsense]

ミチコが命令して作らせた、派手で参拝服としてふさわしくないピンクのキャンディドレス
何度もミチコ側にこれを着なくちゃいけないのか問い合わせたのに答えてくれず、そのまま着て行かざるをえなかったし、当然、伊勢神宮側に華美なドレスを叱られた。

ミテコは、自分が初めての伊勢神宮参拝で派手派手のフワフワドレスを着て批判されたので、雅子さまに意地悪したんだと思ってる。

執念深いなミテコ!
「雅子さんは、随分派手なドレスで伊勢神宮を参拝したそうね。私はもっと質素なドレスでしたのに随分と批判されましたのよ。」
って事にしたかった訳だ!
嫌なババアだな!

でも結局ミテコは最初から最後まで『変な格好で伊勢神宮に行った』という事だな!

[adsense]

コメントの流れは凄く面白いけれど、本当の事ですか?
事実なら、美智子さんの手の込んだ意地悪は想像を超えたレベル。

こうやって針をチクチク刺して痛め付け、海外のゴコームはワタクシ、宮中晩餐会と園遊会には出さない、そしてウメハラ。
美智子スゲ〜。

あの大人しい穏やかな香淳皇后が「美智子は底意地が悪い」とおっしゃったくらいですから、皇后陛下に対しての数々の嫌がらせはきっと想像を絶するものでしょうね。

[adsense]

写真だけ見ても信じられますよ。

【結婚報告のための伊勢神宮への参拝】
天皇家は、神さまに対して祭祀を行う、神さまへお願いする媒体となる人たちだから、媒体が注目されたり、華美であってはいけません。
女性はストーンとしたスカートの白系ローブモンタントで華美でない帽子が「美智子さん以前の」伝統でした

でも、ファッションに独特の拘りのある美智子さんは、1959年に結婚して初めて伊勢神宮へお参りしたとき、薄手のつば付きひらひら帽子をかぶり、スカートを自分好みに針金入りパニエでふんわり膨らませた「宝塚のドレスの様にパァーと膨らんでいた」乙女チックなドレスで参拝しようとしました。

伝統的なしきたりを教える役目の故牧野純子東宮女官長(旧華族出身で本来は美智子さんより身分が高い)は、それを見て驚いて女官に針金を外させてふくらみをとるように言って針金を取らせましたが、その後気が付くと針金は美智子さんの命令で元通りについていました。
再度針金を取らせましたが、また美智子さんの指示があって元通りになりました。
2回も押し問答をして、美智子さんの強情に牧野女官長は根負けし、その結果、ミチコさんは華美な宝塚ドレスを伊勢神宮側から厳しく批判されました。
(つまり、美智子さんはイジメられるどころか、自分のわがままを押し通し、その結果伝統を破って非難されると、虐められたと騒ぎ立てる人でした。)

最近、その時の内情が暴露されましたが、美智子宮内庁は、針金は入っていなかったし、そんなやり取りもなかったと反論しています。

しかし、針金が入っていたかどうかではなく、スカートが宝塚歌劇の様にふわっと広がって華美なスカートドレスかどうかが問題ですし、写真を見れば明らかです。
グレース・ケリー映画ドレス説ちょうど男性がタキシードで歩くシーンだしシースルーはいくらなんでも反対されたから、帽子だけ酷似させた感ある

[adsense]

伊勢神宮パニエの力でスカートの後ろが膨らんでるのが分かる

1973年昭和48年8月1日の伊勢神宮参拝の華美なターバンにリボン付きドレス

伝統に従わず、自分のわがままを押し通す美智子さんは、10年以上経っても、華美な衣装で自分を押しとおしました。
当時の女官はみなそれなりに名家の出身で、学歴も恥ずかしくない方たちですから品が良いですね。

年をとってもローマ法王風白服で伊勢神宮参拝

[adsense]

最近の伊勢神宮では参拝服はマント仕様。

美智子さんは、自分が伊勢神宮参拝で批判を浴びたことを執念深く覚えていて、その腹いせとマウンティングのために、弱い立場にある嫁へおなじような恰好の、本人には全く似合わない形の「色付き」ドレスを着せて、伊勢神宮側から(自分と同じような)厳しい批判を浴びるようにさせました。
30年以上前のことを根に持って、おまけにそれを新嫁いじめに利用するなんて、ホントに陰湿で意地悪です。

1993年6月 25~27日天皇陛下と雅子皇后陛下が6月9日に結婚したことを報告するため、初めて伊勢神宮へお参りしました。
雅子さまが伊勢神宮へ参拝する当日のドレスは、美智子さんが指示して納采の儀の5反の中から用意させたピンクドレスでした。
乙女チックなピンクドレスは、シルエットも後ろの変な飾りも全然雅子さまらしくないし、つばのある帽子もセットだったのでまるでキャンディキャンディ・・・雅子さまが絶対選ばないスタイルでした。
雅子さまはおきれいで可愛かったけれど、神経質な顔をなさっています。

[adsense]

なお、神宮天皇陵へお参りしたときは、美智子さんの指定はなかったらしく、雅子さま好みのデザインでした。

雅子さまの母方曽祖父は鶴岡八幡宮その他の大きな神社の宮司を歴任された方なので、神道関係の親戚や知り合いも沢山いらっしゃる雅子さまは、いろいろな人に相談して、この華美なドレスを伊勢神宮への参拝で着なくてもよい解決策を探したと思われます。

雅子さまの話では、伊勢神宮初参拝についてミチコ女官へ何度も問い合わせしたそうです(多分、このような華美なドレスで良いのだろうかと尋ねた)。なのにドレスコードについてなにも教えてくれず、参拝して伊勢神宮から注意された後に、そんなことも知らないなんて、とミチコから叱責されたそうで、最初に尋ねたときにきちんと教えて欲しかったそうです。←←←典型的なマッチポンプのミテコイジメ

雅子様のピンクのドレス、少女趣味気味だしシチュエーションに全然合ってないけど(そうさせられたのだけど)、ドレス自体は美しくお似合いだね。姿勢の良さで品格がある。

[adsense]

着こなせない物が無いという皇后陛下、すごい



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。