天皇家

皇族は身分制の代表!もう、皇族っていらなくて?と思う、皇族システムの裏側



天皇や皇族が過労死したとかいう話を一向に聞かないのはどうしたことだろうか?

ちなみに、憲法上天皇が職務として行わなければならないのは、第6条・第7条に規定されている国事行為だけだ。

「公務」と称して行われているそれ以外のすべての行為は仕事ではない。

(秋篠宮家の佳子さま、眞子さまがアナと雪の女王2のチャリティー試写会に出席し、「お遊び公務」と言われて批判されているが、

あれは公務と言っているが、実は正確には公務ではない。

よって、天皇以外の皇族には何の仕事も課せられていないのだ。

医療の面でも、天皇・皇族は、自分で保険料を支払わなければならない国民健康保険しか、国家による支援のない一般人とは比較にならない手厚さで支えられている。

その上、彼ら/彼女らには、ただ皇族として生まれただけで、赤ん坊のときから「◯◯さま」などと呼ばれて特別扱いされるという特典までついてくる。

こんな「安全安心+特典」と比べたら、憲法が保障する「人権」が形式的にはないことなど、些細なことだろう。

皇族の人権で色々な議論が交わされることが少ないのは手厚い保証があるから。

参政権がないことで、憲法違反だという言う人はまずいないだろう。

要するに、天皇・皇族とは、いわゆる「人権」がない代わりに、あり余る特権を与えられた存在なのだ。

人権とは、すべての人は生まれながらに平等であるという理念に基づいて保障される権利のこと。

その理念とは真逆の身分制に基づく特権と人権を両立させることは
できない。

天皇・皇族にも一般人同様の人権を与えたければ、天皇制を廃止して、すべての特権を放棄させればよい。それ以外の「うまいやり方」などない。

あなたは、この仕組みをどう思うだろうか?

[adsense]

日本国において、唯一、身分制と言える仕組みが皇族だ。

しかし、現代において本当に必要であるのか?と言う議論がされるべきだと思う。

歴史が長いから、伝統は守べきだと言う議論はもちろんわかるが、

秋篠宮家が現状を見ていると、皇族と言うのはリスクもたくさんあると言うことを最近になって強く確認できるようになった。

特別優秀ではない人間に、多額の税金が払われるのは、物凄いリスクなことでしかないと思う。

忘れてはならない、戦争犯罪の象徴こそ天皇なのである。

昭和天皇をA級戦犯にて処罰すべきだったと私は今でも思っています。

よって、天皇や皇族という身分は必要なく、すぐに廃止すべきである。

天皇以外公務はしなくて良い。

究極にこれが成り立つのであれば、ニートでもいいということになる。

そりゃ、自分の好きな公務しかしないというのもできるわけだ。

これが成り立つのであれば、秋篠宮家が悪いのではなく、今のシステムが悪いということになる。

したがって、皇室は必要ないという強い議論をすることができると思う。

日本人は平等というところに強いこだわりがある人種だと思っています。

なのに、身分制をとっていることを気づいていない人が多い。

よって、もう、皇族というシステムはいらない。

女性天皇とか、女性宮家とかそう言った議論もしなくてよくなるから、より良い国にするための議論を、国会議員には積極的に行ってもらいたい。

[adsense]

日本の皇族の存続理由って、伝統とか歴史が長い以外にない気がする。

もう、役割は終えたと私は見ている。

リフォーム代で、数十億円とか馬鹿げているからね。

海外のお客様に対する対応などで、日本の皇族は重要な役割をしているし、日本の皇族というだけでかなりのブランド力がある。

ブランドという意味では、残す価値はまだ十分にあると私は思います。

出典:2ch.sc



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。