天皇家

安倍晋三が今上天皇に歩み寄る真意は?熱烈アプローチに秘められて真の目的



安倍晋三首相は憲政史上最長在任の首相となり、歴史に残る首相となった。

しかし、彼がなし得ようとしているのは、こんなことではすまない。

今上天皇になぜ歩み寄るのか?

そこには、本当の真実が隠されているのです。

本当の真実

安倍晋三首相の1番の目的は、歴史に残る首相になること。

憲政史上最長在任の首相となったが、政策面では圧倒的な何かの結果を残したとは言い難い。

東京オリンピックを誘致することに成功したかもしれないが、スポーツは政治は別と考えるので、

安倍首相の功績とは言い難い。

誰もが認める圧倒的な結果。

それが「憲法改正」なのだ!!

安倍首相はこれでもかというくらい、憲法改正にこだわっている。

そして、憲法改正が容易ではないことは明らかであり、圧倒的な人気がある今上天皇に歩み寄るというのは、

自分の人気をさらに上昇させるためにも有効な手段とも言える。

天皇は象徴的な存在であり、政治に参加することはないが、その利用価値というのを考えているのだろう。

以前は天皇時代の上皇上皇后両陛下にべったりだったよね。

平成後半から秋篠宮殿下といい感じになっていた。

安倍さんは、ここまで今上天皇陛下が国民に好意的に受け入れられるとは思っていなかったのかも。

だから今上天皇陛下にアプローチしてるのだと思う。

時の政権者は末期に近づくと天皇家を利用したくなる。

平家、足利等錦の御旗が欲しくなる。しかし驕り高ぶりの執権者は次の時代にはいなくなる。そんなものよ。

前から安倍さんは支持率上昇のために陛下を利用していますよ。

眞子様の婚約をマスコミにリークしたのも政権ですね。

森友問題から目を逸らさすためにやりましたから!

政治家は人気者が大好きだから。

今の天皇ご一家の人気に便乗した何かはやりたいと考えてもおかしくない。


ただ天皇陛下には秀才の中の秀才である皇后陛下が一番近くに付いてるから

政治的な思惑は見破られそうな気がするけどね。

いくら陛下に近づいても桜問題などで下がり気味の支持率を回復するのは無理でしょう?

直系の愛子様に正しく皇統が継承できるように動いてくれるならいいけどこの人が男系男子ガリガリだからな。

あまり期待できないと思うよ安倍さん。

男系にこだわる安倍総理は秋篠宮家に天皇が移るのを望むわけだ。

安倍政権を支持してきたものとしても、これは問題。

もう政権を交代したら如何ですか?

総理在職期間の数字も取れたことだし。そして次の政権で愛子天皇を決めてほしい。国民の皇室離れになるのは深刻ですよ。

安倍首相の狙いは現代の皇位継承順位は変えずに、一代限りの女性宮家を容認するだけに止め、

出来れば女性・女系天皇の議論はしないでやり過ごすことだろうね。

側近の甘利氏や二階幹事長などの発言からは安倍首相の本音が透けて見える。

でも、それだは皇位継承者が不足していることに対する、具体的な対策にはならないんだけどな。

結局は悠仁親王が奇跡を起こすのを祈るしかなくなってしまうわけだから。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。