小室問題

小室圭さん「負けるが勝ちだ!」我々はという青年にまんまとやられたのだ…



眞子さまがご結婚されて皇籍を離れる場合、税金を原資とした一時金が支払われます。

その額は、1億5000万円を超えるとも。

また、もし一方的に小室圭さんと眞子さまとの結婚が破談になった場合は、

皇族と婚約したことにより、知られなくてもいい情報などが世に出回ってしまった損害賠償として、

2000万円ほどの賠償が支払われる可能性すらある。

もうすでに、皇族のフィアンセということで、大学から2000万円以上の返済不要の奨学金をもらっていることや、

国内で勤務していた弁護士事務所から“帰国したら働いてもらう前提の支援金”を年間300万円ほど受けているそうです。

すでに金銭的に恩恵を十分に受けている小室圭さん。

眞子さまと婚約しても、結婚一時金1億5000万円、婚約破棄になった場合でも2000万円の損害賠償が小室圭さんに支払われる可能性がある。

どちらに転んでも、小室圭さんの勝ちは見えている。

我々にするべきことはない


眞子さまに賠償を起きないような、円満なお別れをしてもらうことを望むしかないが、

眞子さまに期待しても無駄である可能性が高く、もう、小室圭さんの勝ちは確定。

我々は負けたのだ。

次にできることは、いかにこの負け戦の損失を小さくするためにシフトするしか道はない。

負けは負けでも、小室氏に有利な形での勝ちにならないように、負けて勝つ戦略をこれからは考える必要があるのかもしれない。

令和2年に民事執行法が改正されます。

2ch開設者のひろゆき氏のように、財産を差し押さえられないように工夫すれば、

賠償金を支払らわずに済むということが難しくなります。

だから、小室圭さんが民事裁判で勝利した場合、高確率で賠償金が支払われるでしょう。

ここまで考えて、2年間の延期の期間を考えていたのであれば、小室圭さんはある意味天才だと思います。

小室圭さんがが皇室関係者になるぐらいなら、1000万で破談できる方が良い。

1000万円は仕方がない。

もう、裁判になったら、日本一優秀な弁護士を雇って、徹底的に戦ってもらい、

賠償金を少しでも少なくしてもらいたいところです。

[adsense]

もし、小室圭さんが賠償金で多額のお金を得たら、その代償として日本にはいられなくなると思います。

普通に民間人に暗殺されると思いますよ。

ある意味、小室圭さんにとってもリスクのある選択だと思うし、アメリカとかで、弁護士として成功するとは思えないのだが。

逆に今までのことを全て謝罪して、弁護士として精進していきますって、マスコミに大々的に宣伝した方が、

もし、弁護士として独立するなら仕事がたくさんもらえて、2000万円くらい稼げると思うけど。

まあ、普通に結婚するかもですが。

我々って表現ですが、眞子さまという暴走お嬢様がきっかけで、国民は巻き込まれただけの気が。

はた迷惑なお嬢様であり、秋篠宮家終了のお知らせかと。

眞子さんがいままで貯めてきたであろうお金で支払えばいいのではないでしょうか?(それもほとんど税金ですが)

国が負担する義務もないし自分がしでかした事なのですから。

一応宮家の名を背負ってるのだからその品位を根底から崩すようなことをしたと思うので。

[adsense]

マスコミや宮内庁が訴えられるのか。

怖い怖い。でも、弁護士目指しているから人よりも知識は豊富だし、

小室圭さんは最強のラスボスみたいな感じで、最近は僕はちょっと好きだけどね。

どうなるのか、結果が楽しみです。

でも、1つ言えるのは眞子が全て悪い。それだけ。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。