秋篠宮家

令和2年度予算案決定も、またもや秋篠宮家関連費用高すぎと国民は激怒



12月20日閣議決定された令和2年度政府予算案で、宮内庁は皇位継承関連の主な経費として19・6億円を計上した。

内訳は、一世一度の重要祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」の舞台となった大嘗宮(だいじょうきゅう)の跡地復旧に2・9億円

皇嗣となられた秋篠宮さまの立場を国内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」に4千万円

上皇ご夫妻の将来的なお住まいとなる仙洞御所(現在の赤坂御所)や秋篠宮邸の改修費用に15・9億円など。

このほか、皇居・東御苑の三の丸尚蔵館の整備費用に29・4億円を計上。総額は前年度比1%減の約238億円。

立皇嗣の礼は、秋家の身の丈に合った形でされるはずなので、もっと安いのでは???

平成時の立太子の礼では9400万計上されています。

平成をを踏襲する形の国事行為で、予算はその半分以下の4000万です。

だから、身の丈にはあっていると思いますよ!!

この予算に計上されていないのかもしれませんが、

小室圭と眞子さまが破談になると、小室に払う費用は秋篠宮家の私費で小室に支払われるのでしょうか?

[adsense]

そもそも、裁判で訴えるのがマスコミとか宮内庁になるから、秋篠宮家の私費で支払いが行われる可能性は低いのではないでしょうか?

陛下をお支えする立場の秋篠宮殿下があえて大嘗祭に対して失礼な物言い(身の丈発言)されたので、

立皇嗣の礼を行うのであれば秋篠宮家に毎回払われる(皇族費) 1億2810万円から出されたら良いと思う。

まさか公費を使うなど望まれていませんよね?

そもそもですが、「立皇嗣の礼」を辞退して欲しい。

天皇の器でないことは本人が一番わかっているはず。

悠仁さまが産まれた時、この子が将来天皇になるんだろうな、と思った国民は多かったはず。

ところが、時代背景もあるが今は愛子さまを天皇にという声が大きくなっている。

悠仁さまを天皇にさせたければ、成長を国民に公開し、帝王学を学ばせ学習院に進学させればよかったのに。

そして自らお兄様である天皇陛下を敬い支える姿勢を見せていれば国民も皇統が秋篠宮家に移ることにここまで反対しなかったと思う。

うちにしか男の子はいませんよ、というおごりがあったと思う。

立皇嗣って何ですか?何か法的な位置付けって有りますか?

国内外に知らしめる必要など無いと思いますが?如何でしょうか?

大嘗祭の費用の支出について批判をした秋篠宮さまの立皇嗣の礼の儀式を行う必要が有りますか?

身の丈にあった儀式に数千万円の費用は高過ぎると思います。

秋篠宮様はやることなすこと、全てが失敗してしまったのです。

[adsense]

国民の本音としては、秋篠宮家にお金が少しでもかかるのを嫌っている人が大半だということです。

4000万円というお金は、一般人からしたら高いですが、皇室関連では安い方だと思います。

ですが、今回も批判されているのです。

まずは、小室問題解決。そして、次女の佳子さま、悠仁さまともに勉学に励まれることや、

就職などをすると、一気に風向きは変わると思います。

今は、どんな公務をしても、予算について議論しても批判しか生まれないと思います。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。