高円宮家

好感度の高い高円宮妃久子さまですら、韓国との関わりは要注意も甘かった…



高円宮妃久子さまが12月18日、東京都新宿区の韓国文化院で開かれた「第11回高円宮記念日韓交流基金」の顕彰式典に出席した。

久子さまは日本と韓国両国の関係について、「手を取り合って歩んできた輝かしい歴史があります。どんな困難な状況にあってもこれからもお互いに助け合い、支え合って新しい未来を創りあげていくことが大事とあいさつした。

しかし、このような式典に出席すること、そして発言したことに対してよく思っていない国民も多い。

久子さまは好きだけど、こういう政治的に利用されそうなことはされないほうが良いのでは?

皇族を韓国に利用されるのはすごく危険。


韓国を公式訪問している宮家という立場だからこそのことですが、もう少し注意して欲しい。

この基金は早急にやめるべきだ。皇室が韓国に関わっては絶対にいけないと思います。

このような式典に皇室の方が臨席されるのは望ましくない。

[adsense]

久子さまも仕事を選んだ方がいいと思います。

高円宮さまを冠した基金ですが、韓国は既に成熟した国家。精算解散されても良いのでは。

久子さまは好きだけどこの手の公務だけはして欲しくない。久子さまのイメージが悪くなってしまう。

久子さまは2002年の日韓ワールドカップ開催時、故・高円宮さまとともに韓国を訪れた。

皇族として戦後初めての同国公式訪問だった。同基金は、02年に急逝した高円宮さまをしのんで08年に設立された。



あの時、日本が肩代わりした借金について話し合う方が先なのでは?

いつ返済するのでしょう。

[adsense]

ちょっと話はそれますが、

梨本宮方子様は、大正時代、韓国の最後の皇太子 李垠様と結婚され、

李垠様が亡くなられてからは韓国の障害者福祉に大変貢献され韓国と日本の架け橋になられました。

韓国とは言え、戦前は日本でした。

当時は日本から嫁いだ女性も多くいました。

先ほどの障害児福祉だけでなく、その女性の方達のご援助も永くなさっていたそうです。

大変、ご苦労なさった女王様と思います。

久子様は方子様を労うお気持ちもあって、参加されているのだと思います。優しいお気持ちが伝わってきます。

だから、久子様を韓国と交流しているという理由だけで、一方的に批判するのは間違っていると思います。

日本の有識者で、韓国に対する印象を、「良くない(「どちらかといえば」を含む)」と回答した人は53.4%と半数を超え、世論(49.9%)よりも悪い水準にある。



韓国に対して印象がよくないと思っている人の割合は、2人に1人

この現状を見ても、皇室が韓国と積極的に交流するとどうなるのかはわかっているはず。

特に、政治的な関連になると、反対だと感じる人の割合はさらに多くなることは容易に想像することができる。

いくら公式訪問していて、関係があると言っても、

日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外した件への報復として、

韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」の破棄をチラつかせていた問題など、

今年になってからも、色々な問題が起こっているのだから、慎重に行動する必要はあったと思う。

久子さまは、東京オリンピックのプレゼンで好感度が高いし、

印象を悪く思っている人は少ないのではないでしょうか?


だから、挑戦的なことをして、秋篠宮家のようになる道を自ら進まなくてもいいのではないかと思ってしまいます。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。