眞子さま

眞子さま「小室圭さんとの結婚延期がショックすぎて大学院留年」傷心で何も手がつかず



眞子さまは2016年9月にICU大学院アーツ・サイエンス研究科博士後期課程に入学され、博物館学を研究されてきた。宮内庁関係者は言う。

「3年間学ばれ、今年8月ご修了の予定でした。しかし休学されていたため、いまだ大学院にご在籍中なのです。」

この大学の休学理由ですが、小室問題が原因なのは明らか。

2017年12月から小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者・X氏との金銭トラブルが報じられ、

その2カ月後の2018年2月に宮内庁が、ご結婚行事の延期を発表した。

その時期は、眞子さまが体調を崩されていた時期とも重なるのだ。

結婚が延期になったからって、国民の税金で大学院まで通っているのに、休学するって、

普通にやばいのではないかと国民の多くが思っています。


一般の家庭で、大学院まで高い授業料を払って通っているのに、婚約が延期になったから、

体調不良で大学行けませんって両親に言ったら、そりゃ、普通の家庭だったら大激怒されると思いますよ。

いや、休学はそれほどやばくはないぞ。

一応、初年度の納付料合計で、75万3000円かかっているけど、休学の費用は在籍料として学期ごとに3万円だから、

まあ、国民の税金が無駄に使われたと言えばそうなんだけど、たかが3万円というのが事実。

婚約が延期になったのがショックで、大学を退学します」とかだったら、ふざけんな…ってことになるかもだけどね

普通にICUで4年間で600万円、レスター大学で最低でも1年200万円で2年で400万円以上

そして、大学院の博士課程で230万円

1000万円以上の学費が税金によって賄われているという現実がありますね。

単位満了退学ならまあ普通のことだけど、このまま復学しないで、退学ってなったら、

国民の反発は免れないんじゃないかな・・・

医学部だと6年間で3000万円とか4000万円とかする私立大学もあるから、

まだ、1000万円くらいだったら許せるんじゃないかな。

って、普通のサラリーマン家庭では払えないけどね。

もし、サラリーマン家庭が無理して、大学院まで進めたのに、

彼氏の問題で大学休学します…ってなったら、お金返せ、この親不孝者がとか言われそうですね 笑

てか、なんで眞子さまは大学院に進んでいるのだろうか?

研究したいこととか、やりたいことがあるのならいいのだけど、よくわからないですね。

まあ、僕には関係ない話ですが。

普通に学費だけ見ても、どれだけ多額の税金が使われているのかということが、一目瞭然ですね。

てか、佳子さまは大学辞めてICUに入ったけど、あんまりその時は批判されなかったね。

今となってはの話になりますが、佳子さまは学習院にいた方が良かった気がしますね。

学びたいことが変わってのことで、学習院を退学されたそうですが、これだけ眞子さまの問題でICUがって言われているから、

学習院卒だと、変な男が寄り付かないだろうしってことになっていたと思うけどね。

出典:2ch.sc



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。