佳子さま

佳子さま、写真集発売も大苦戦 買うのは高齢女性ばかりのもよう



佳子さま関連のムック本の出版が4冊続いた。 『可憐なるプリンセス 佳子さま』(主婦と生活社)、『日本のプリンセス 佳子さま 20年のあゆみ』(宝島社)などなど、
どれも写真満載で、中には話題になった「タンクトップ」ショットも掲載。出版社の意気込みが見て取れるが――。
「実はどれも営業的には大苦戦しているんですよ」
と、さる大手チェーンの書店の幹部氏は意外な実情を明かすのである。
  by週刊誌

佳子の写真集買ってるのはBBAばかりだとTBSのたけしの番組で言ってたわw

男はまったく相手にしていない模様w

ニュースキャスターでも言ってたしビビットでも言ってた
購入者の9割が女性、それも年配の女性がメインだと

率直に言って、版元が刷り過ぎたんだと思う。過剰に期待し、7万なんて刷っている社もありますが、実際はその半分程度が市場に見合った部数でしょう。
「明確に“失敗”と言えるケースです」(出版社)
と言うから、版元の担当者は、今頃青ざめているのではないだろうか。

おとなしく、へそ出し写真集とか売った方が売れたんじゃね?

へそ出しマニアが買ったかもねw

佳子の素顔はブ●なことくらい、同級生の証言として
「 すっぴんは怖い顔でした 」と週刊誌に出ている

アイプチやつけまつげでさんざん切り貼り加工してやっとがあれなのであって、まさにすっぴんは人前に出せないレベルだったというだけ
佳子さまのスッピンにICU学生が本音「眉毛が細くて怖いです…」

日本では美人だっていう補正かかってるけど、
海外メディア写真だと欧米人に合わせて写真選ぶから
日本人の美的感覚とはかけ離れた写真選べれてる場合多い
外人の美感に合うように、眞子はシャクレでトムとジェリーみたいに歯が強調され佳子は映画に出てくる芸者みたいなドギツイ顔のが多いな

で、結果、海外写真では
日本人にとっては愛子さまが一番日本人っぽく写ってる

佳子は昔は可愛かったが、最近なんかブサイクに見える
で、フォトショで加工してみたけど
目尻のアイラインを真横に引かず、斜め下に引くと
結構美人になる事が判明

佳子さまの写真集なんて要らない
美智子さま、雅子さま、秋篠宮家の女性陣の写真付き衣装・小物目録を公開してほしい

膨大だろうから、有名な衣装や費用の高いものから、リスト化を優先したら良い
衣装の呼称、素材、由来、見どころ、デザインの意図、反物などの原産地、刺繍や染などの製作者/製作社、おおよその製作年や、可能なら着用日/行事、製作費とそれを支出した皇室費の種類などなど、文化的経済的背景の説明が知りたい
日本の象徴たる天皇の家族である女性が、公的な場でどうしてその衣装なのか、後学のためにも周知してほしい

出典:2ちゃんねる



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。