小室問題

小室圭さん「婚約破談も気にしない」現在、弁護士とのコネクション作りに「奔走中」



秋篠宮さまが、眞子さまと小室圭さんの結婚について、なんらかの発表をする必要があると会見でお話をされました。

2020年2月を目処ということなので、時間がないので、小室圭さんの大学の試験が終わる12月18日以降に、

日本に緊急帰国するのではないかと言われていましたが…

ところがどっこい、緊急帰国の予定はなく、アメリカの現地の弁護士とのコネクションを作るために、奔走しているとのことです。

日本での弁護士活動が出来ないので、現地で人脈を作り、ある意味就職活動をしているのは当然のことです。

婚約していて、待たせている以上きちんとした就職先を見つけるのは、今から実に良い行動です。

と、一般的にはいい話なのですが、借金問題であったり皇室が関わるから話はややこしくなる。

皇室の結婚には多額の税金が使われるので、国民の承認がある意味必要である。

しかし、これまでの振る舞いから小室圭さんは相応しくないということが、国民の総意として思われています。

借金問題の弁明などもいまだにありません。

果たして、この現地での弁護士のコネクションを作るこういは吉と出るのか凶と出るのか、まずは2020年2月が楽しみです。

私はカナダ在で子供達の学校スケジュール見てますが、今年はもうクリスマスホリデーに突入し、新学期は1/6(月)からという高校大学がほとんどです。

なので、こんな時期にも帰らない小室は、意図的に、明確に、日本帰国と問題解決から逃げてますね。

こんな男のどこが良いのか眞子さん!目を覚ます最後のチャンスだとつくづく思うけれど、意地になってるのでしょうかね、本当に情けない。

宮内庁から騒ぎになるから帰国しないでくれと言われているみたいですね。

スカイプとかでやり取りしているみたいだし、週刊誌が騒いでいるだけで、

本人たちには全く関係のないことなのかもしれませんね。

宮内庁から小室氏に帰国しないよう要請があったならば、外国での滞在費用は宮内庁持ちということになりますね。

ここが一番問題だと思う。小室氏は一民間人なわけで、、

小室圭さんからしたら、眞子様を手放さなければ皇族利権であらゆる優遇を何処でも受けられる。決して手放さないだろうね。

人脈だのなんだのいっているけど、この人本当に国際弁護士になりたいと思っているのかな。

秋篠宮家で考え出した女性宮家創設の時間稼ぎじゃないの。

だから破談にしないで未だに皇室特権使わせて、留学を続けさせているんでしょ。


小室さんの衣食住と学費が全て税金だと思うと、国民が認めない内定者でありながら小室さんは勿論のこと両家ともどこまで図々しいんだと思う。

これをやめさせるまともな人誰もいないし、一般人に税金投入していることが、一番許せない事。

他人のお金を上手く手に入れながら、コネをつけて就職。でも、すぐやめる。小室はこの繰り返し。

そして行き着く先は無職で年収数千万の準皇族。とんでもない。絶対認めない。

一般的にもいろんな点で誠意の欠片も見えない婚約者には、破談にしてももう仕方がないと言える。

ましてや皇室のお嬢様と結婚したいというのに、この小室母子の対応は全くあり得ない。もう何をしても遅すぎる。

僕たちは小室圭という存在を知らなすぎるというのも1つの事実。

借金問題、母親が護衛を要求する。解決していないのに解決済みと発表。

確かにお金を請求している側も怪しさはある。


でも、1つだけ紛れもない事実は、小室圭周辺で不審死が相次いだこと。

これだけで、もう真実は見えていると思う。

どうか、2月の会見では国民が思っている展開になることを期待します。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。