雅子さま

雅子さま「愛子には帝王教育は必要ありません」秋篠宮家と同じ轍は踏まない「決意」



愛子様の帝王教育を雅子様が望まなかったっていう記事が出たわね。雅子様批判の記事かと思ったら違っていて安心したけれど…

雅子様が愛子様に帝王教育をしない、天皇にしたいと言わないのは、ご自分がそういう立場ではないとお考えでわきまえがあるからだと思うわ。

愛子様がお生まれになった時、記者会見で「生まれてきてくれてありがとう!」とおっしゃり、私たちにもうれしさが伝わってきました。この言葉は最高の愛の言葉かけだと思います。

[adsense]

愛子様に向けるやさしいまなざしに、わが子を慈しむ”お母さん”を感じるわ。

天皇陛下が以前「愛子にはどのような立場になるにせよ、一人の人として立派に育ってほしいと願っております。」とおっしゃって、両陛下はその通りに愛子様を使命感を持って丁寧にお育てになったのが今の愛子様を見ればわかるわ。

「帝王教育」って天皇としての在り方、心構えのようなものじゃないかしら。その覚悟をお持ちの天皇皇后両陛下の背中を見て育たれた愛子様の今のお姿、それがすべてじゃないの?

[adsense]

雅子様が災害に合った人と話をして目を潤ませる姿も愛子様の心に響いていると思うわ。素敵です!雅子様。

以前親子で登山をされたとき、お昼に御三人がご自分のリュックからおにぎりを出して食べたことにガイドさんが驚いたって聞いたことがあるわ。お付きの人に荷物を持たせないでご自分たちで荷物を持たれるのも素晴らしい教育だと思ったわ。

「帝王教育」についてはよくわからないけれど、陛下と雅子様は愛子様をきちんとした人でいられるように信念をもって育てておられますよね。

[adsense]

雅子様はごく普通に、母親が娘のためにすること、宿題を見てあげるとかお習字を教えるとかを教えてこられたんじゃない?つらくて学校に行きたくないときは、どんなにバッシングされても愛子様に付き添われて…。

愛情いっぱいに自己肯定感を与え、精神的安定をもたらしたのではないかしら。

愛子様の雅子様を見つめる表情に「尊敬するお母様」を感じるわ。

那須でご静養の時に初対面の人にユーモアをもって会話をなさったり、お誕生日にご家族で談笑している様子も、ご一家の仲の良さが表れていて楽しくてほっこりしますよね。こういうところもすべてが愛子様の教育になって今の愛子様に表れている気がするわ。

[adsense]

お父様とお母様の真摯で努力家なお姿とお二人の愛情あふれる中でのお暮し…そこに愛子様のおだやかな微笑みの土台があるのね。

雅子様、子育て本出してほしいですよね。まじで欲しいです!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。