佳子さま

佳子さま「ゆとり世代代表としてロイヤルアイドルとして頑張ります」ゆとり世代「お前に代表されたくない」と同世代からも呆れられる



佳子さまって結局ゆとり世代の代表のようなものですよね…

ということが言われるようになりました。

高度経済成長期の若者は、ひたすらに目標達成、そして快楽をモチベーションに生きていたと言われています。


いい車に乗りたい、出世したいなど。

しかし、現代の若者は物が溢れる時代に生まれてきた。

だからこそ、モチベーションの源泉が変わったのだと言われます。

現代の若者のモチベーションになるもの。

それは、意味合い、友好な人間関係、そして没頭ということがキーワードになります。

YouTuberの代表的なCMに好きなことを仕事に。

ゆとり世代はまさしく、好きなことに没頭、そして自分が行う仕事に意味を見出せなければ継続して仕事を行うことが困難な人も多い。

まさに、佳子さまはダンスに意味を見出しているからこそ、公務に対しても熱中できる仕事ではないし、

ゆとり世代ならではの甘えが出ているのではないかということが世間で言われるようになりました。

確かに佳子さまはゆとり世代で学生生活を送ったのは事実です。

ですが、ゆとり世代出身でも錦織圭選手や大谷翔平選手、羽生結弦選手やピアニストの辻井伸行さんもゆとり世代です。

ゆとり世代でも素晴らしい人はたくさんいます。

決して、佳子さまが素晴らしくない訳ではありませんが、ゆとり世代の代表の1人として扱ってほしくないと言うのが、

ゆとりで育った人間の感想です。

[adsense]

ニートになることと、ゆとり世代と言うのは関係ないことだと思います。

だって、高度経済成長期の若者でもニートは存在していた訳です。

そして、親のすねをかじれる人間出なければ、ニートになることはできない。

もし、明日の生活が保証されていないのであれば、どんな若者でも必死に働くと思います。

佳子さまは、親のすね、国民のすねをかじれる状況にあるからこそ、今のような現状を生んでいるのだと思います。

夢がない若者が多い中で、ダンスに価値を見出すことは素晴らしいことだと思います。

ですが、皇室の権威とダンス

この2つがあまりにもかけ離れている。

自分の進みたい道に進めないことでモチベーションを保てないことは十分理解できますが、

国民の税金で生きていることだけは忘れないで欲しいですね。

ゆとり世代はすぐに会社を辞める。

そして、怒るとすぐにいじけたりして、対応に困ると言われることがありますね。


だからこそ、働きやすい職場、友好な人間関係を重視する。

佳子さまにとって、働きやす職場と言うのはどのようなものなのでしょうか?

佳子さまの夢って一体なんなのだろうか?

普通に子供を生んで幸せな生活をする。

別にそれでもいいと思います。でも、その生活をするなら素敵なフィアンセを見つけなければ。

今の佳子さまは、ただ家に引きこもっているニートにしか見えない。

だからこそ、何をしたいのか国民に示す必要があるのではと思います。

[adsense]

ダンスが好きなのであれば、新しい公務の形として何かのダンスの普及活動をしたり、

色々な活動の視野を広げることができるのではないかと個人的には思います。


皇室という身分である以上、やりたくない仕事もあるでしょうが、

自分が好きなことを仕事にということは、皇室でも必ずなんらかの形でできると思います。

まだ若いのだし、色々な行動をして欲しいと国民は願っております。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。