眞子さま

眞子さま、歌会始で小室圭さんと共同制作 「私たちの決意は揺らぎません」と宣戦布告



秋篠宮家長女眞子さま

望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな

昨日の歌会始で詠まれた歌をよくよく深読みしてみると、「望月」は眞子様自身、「月の兎」は kさんを暗示しているようにも思えます。

「私の心にはずっとあなたがいます、そう思い続けていたい」という kさんに向けての歌だったのでは?あくまでも自己流の解釈ですが…

だけど、乙女心いっぱいの気持ちだけでは、もうどうにも解決策は見つかりません。

何らかの気持ちの発表をすべきという殿下の要請に応えたのがこの歌だったのかしらと思いました。
だとすれば眞子さまはほとほと世間を舐めてらっしゃる。
歌で気持ちを表して悦に入っている眞子さま+2名の顔が浮かぶ。
平安時代の貴族ではあるまいし。
これは完全に小室氏との共同制作の歌だと思う。

月と聞いてあの忌まわしい内定会見を思い浮かべない人は居ません。
婚約内定を思い起こさせて、
やんわりと破談一色の世論に対して、戦線布告なさったわけです。

アホなアナウンサーが、この歌に胸がきゅんとしましたなどと公共の電波で言ってましたが
不快極まります。

日本皇室が後妻業の女の息子にまさか内親王を嫁がせはしないでしょうけど、
腹が立って仕方ないです。

この情況であの歌を詠む眞子さまは夢見る乙女なんですね。
その辺にいる同じ年の女性の方がよっぽどしっかりしてる。

あの歌の発表を止めない周りもすごい。

[adsense]

胸キュンどころか、心臓バックンものです。
やっぱりそういう事ですよね、眞子様ヤバすぎです。

ここまで公然と本心を露わにされては、例え破談になったとしても、後々の縁談に差し障りが出そうなものなのに。
完全に周りが見えなくなっていらっしゃる。
次のご縁がどんどん遠くなってますよー。

同感です。やはりあの歌、宣戦布告ですよね
よりによって両陛下はじめ皇族方お揃いの中継もされる場で、心臓がヒヤリとしました。

嫌な胸騒ぎがした国民は多いのでは?

わたしたちの結婚の意思は揺らぎませんという、決意表明ですね。

月という文字を見て唖然としました。
どうしようもない。

[adsense]

このアホ・バカ娘、だれか、なんとかしてくれ!

眞子様が詠まれた歌を見て、ああこりゃもうだめだと思いましたね。未練たらたらでしたね。ほんとにどうするんでしょうか。自ら莫大な資産を持つ英王室と皇室じゃわけが違いますよ。離脱して一時金もなしでどうやって食べていくんでしょう。秋篠宮家が援助できる額だって微々たるものでしょう。元々は税金ですし。

新年の歌会始で個人的なしかも問題になっていることを連想させる歌を出してくる娘も娘だが、唐突に祖父の昭和天皇を歌に詠む父親も、信じられないほどの出来で全く感動することができませんでした。

出典:ヤフーニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。