天皇陛下

天皇家が「キャッツ」をご鑑賞も、国民「酷評されている映画を見えもらうとか宮内庁センスなさすぎ」と宮内庁のセンスが疑われる…



天皇陛下と長女愛子さまは20日、映画「キャッツ」のチャリティー試写会に出席した。

福祉施設などを助成する「社会福祉法人あけの星会」の主催。

試写会前には、トム・フーパー監督や、主人公ヴィクトリア役を務めた英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル、

フランチェスカ・ヘイワードさんらが両陛下と愛子さまを出迎えた。

宮内庁によると、天皇陛下は1983年から約2年間留学で滞在した英国で、ミュージカル版のキャッツを観劇したことがある。

3人揃われると、なんかほっこりする。

家族でお出かけ。いいよね。

当たり前なんだろうけど愛子内親王さまと眞子、佳子内親王さまと悠仁さまてはオーラや気品が格段に違うよね。

あれが天皇家直系の血がもたらすオーラなんだろうな。

愛子内親王さまが天皇になられる姿は想像つくけど、今の皇室典範では天皇に一番近い悠仁さまには天皇のお姿がイメージできないんだよな。

なんなんだろ?

[adsense]

正直、キャッツ、海外での評価がいまいち。

皇室一家があまり変な映画を見に行くわけにも行かないだろうけど、今だったら他にも色々いい映画やってるのになと思ってしまいました。

映画というよりカオスと評されたあのキャッツを?

もうちょっと評判のいいものを選んだほうがいいような>宮内庁

愛子さまのいい学びになるとか言っている人いるけど、ちょっと微妙な作品ではありますよね。

今「カイジ」とか公開していますが、このような映画とかって皇族の方は見たりするんですかね?

「キンキンに冷えてやがる!」とか見てどのように感じるのか、個人的には気になってしまった。

酷評されてる映画を鑑賞しなくちゃならないなんて、宮内庁もきちんと考えた方が良いですね。

今なら絶対に見ないと思うけど、「カイジ」とか見た方が絶対に面白いと思うな・・・

[adsense]

天皇陛下も、皇后陛下、愛子さま、ご家族お揃いで、ほんわり。安らげる、よい時間を過ごされたことかと思います。

作品はちょっとという意見も目立ちますが、家族揃って御幸生されるというのが、

なのど記事になっていてもやっぱりほっこりするので、

天皇皇后両陛下や愛子さまが楽しまれたのであれば、それでいいのではないかと個人的には思います。

出典:yahooニュース



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。