悠仁さま

悠仁さま「なんでわざと負けたんだ!」  将棋で「忖度」した職員に駒を「投げつける」



悠仁さまはボードゲームや、将棋、カードゲームなど対戦する遊戯がお好きだ。
だが、立場が立場のため、また性格が性格のため、ご学友が少なく遊び相手がいない。


そのため職員がゲームの対戦相手を務めるのだが、負けてあげないと悠仁さまは癇癪を起され、大号泣される。
ただし負ける演技もむずかしい。

わざとらしく負けても悠仁さまのプライドを傷つけるのだ。
この演技が下手で、紀子さまに告げ口され、キツイお叱りを受けた知人がいる。
悠仁さまが5年生の頃、将棋に大変熱心になられ、連日、自宅で職員相手に将棋に打ち込まれた。
悠仁さまが好まれるのは「大接戦の末、勝利を収める」というストーリーだ。


だがこの職員は、迂闊にも、わざと自滅的な手を打って負けてしまった。
悠仁さまは「ご機嫌を取ろうと、わざと負けたんだ!」と思われたのだろう。
大変激怒され、駒を職員に投げつけその場を立り、紀子さまの元に走っていった。

「将棋に打ち込まれた」んなら一手頓死とかありえることで
それで激怒するって何だよと思わないでもない
職員の投了の意思表示に対して、悠仁さまは身体をびくんと震わせ、
「おっ」と声を上げて駒を投げつけた。突然の投了に心から驚いている様子だ。


そしてすぐ職員に向かって、この将棋は難解なまままだまだ続くはずであったろう、
そして自分の方の形勢が少し悪かったという意味のことを、かなり強い口調で指摘した。
山崎もすぐさま言葉を返したが、悠仁さまの口調と表情は厳しいままだった。

この年でどんだけクズなんだ
接戦に持ち込んでから大逆転で負けるなんてできるわけねえだろ
てめーにどんだけ気を使ってるかわきまえろよカス



 

上手に負けるのは勝つこと以上に難しいからな
ギリギリまで粘り最後に落ちる
俺つえええやわざとあっさり負けてしまうのは簡単だけどさ

わざと負けるの難しいよな

駒を投げる=お前は駒として役に立たない=お前はクビだ
の意味だぞ

50年後にはほのぼのエピソードとして語られるやつ



 

藤井聡太とどこで差が付いたのか慢心、環境の違い

徳川の3代目みたいやん(名前忘れた)
餓鬼時代は池沼だったけど長じて強権をほしいままにする者になった。

接待プレイの難しさ
つーか親王様どうか人の痛みの分かる人になって下さい
上がお姉ちゃん二人だと甘やかされるだろうなぁ

このバカが次の天皇?
そして姉はあのアホ?
義理兄がコムケー?
終わってる、、、、



 

悠仁は嫌いじゃないがコロナかかって種無しになるってのが本当ならコロナかかってほしいな
国が貧乏になると特権階級へのヘイトもすごくなるからその方が皇族のため

出典:2ちゃんねる


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    このあと職員は紀子さまからお叱りを受けたそうですが、悠仁さまの盆栽を職員に作らせて出展させる方が余程教育上良くないと存じます。

  2. 匿名 より:

    まあ!何ということでしょう。

    次のだけではなく、その次もクズですか。

  3. 名もなき・・ より:

    そんな事言ったって、勝てば勝ったで怒るクセに~~。

  4. 匿名 より:

    きっと○んでも治らないバカなんだろうな。



  5. 匿名 より:

    この写真は、ブータンより前に撮影しているから「お直し」入ってないから目がキツイね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。